11月も中盤に差し掛かろうとしている。
もうすぐスックとバディのフルーツケーキの季節がやってくる。

フルーツケーキとは、カポーティの「クリスマスの思い出」に出てくるドライや缶詰のフルーツが入った保存の効くクリスマス用のパウンドケーキのことだ。
私は、スックのように「さあ、フルーツケーキの季節がきたよ」と、キーンと冷え込んだその朝を、気付けるだろうか。

スックとバディは、遠いいとこ同士で、親戚達と一緒に暮らしている。
この季節になるとまず、持ち主の収穫の終わったピーカンナッツの木の下で、おこぼれの実をそれでもフルーツケーキ31個分、集めるのだ。

私が県外の勤めを辞め実家に帰ってから、11月、強い風の吹いた日に、近くの神社へ椎の実を拾いに毎年通った。
おもしろがってくれそうな友達には勝手に送りつけ、随分手間取らせてしまっただろう。
椎の実は、軽く炒って中身を取り出し、玄米と一緒に炊いて縄文ご飯(椎の実を送り付けた友達が教えてくれた。木の実炊き込んだ玄米ご飯のこと)にしたり、スックのピーカンナッツよろしくパウンドケーキのドライフルーツと共に加えもした。
椎の実は、生で中身(堅実)は粉っぽく油分があり、ほの甘い。マカダミアナッツに似ている。火が入るとホクッとして銀杏よりやや柔らかな食感だ。


スックとバディは、小さく貯めた小遣いから材料を買い集め、31個のフルーツケーキを焼くのだ。
そして自分達唯一の写真を撮ってくれた通りすがりの御夫婦や、毎朝、手を振ってくれるバスの運転手、年に二回街にやってくる包丁研ぎなど、気に入ってる人達に送る。


年齢が上がり、バディは大人達によって寄宿学校に入れられる。
離れ離れになったスックとバディ。
スックは一人でフルーツケーキを毎年焼き続け、「一番の出来のいいやつ」をバディに送る。
その手紙の中で、スックはやがて子供の頃に遊んだもう一人のバディと区別が付かなくなり、いつかフルーツケーキも焼けなくなる。

「フルーツケーキの季節が来たよ!」と叫べなくなるのだ。

「友達が家に一人居たらいい」
儚いバディの思いさえ、埃のように吹き飛ばされる現実に、都合を付けて、それでも生きていかなくちゃならないのか。
「クリスマスの思い出」は、私にとってきらきら光る宝石だ。
自分が年を重ねる毎に角度を変え輝きが増す。
新潮文庫版で読んだ最初、高校生だった私は何を感じていたのだろう。

毎年、ドライフルーツ入りのパウンドケーキをこの季節、編み物クラブ用に焼くけれど、今年は自分とたった一人の家族のために焼いてみようか。
今週の編み物クラブ。




昨年彼女が仕上げられたベストを着ておられました。
白シャツに、張りのあるギャザースカーと。

足元に転がった毛糸で、集中されてるのがわかります。

賑やかな日の編み物クラブでは、写せない一枚です。

前回の栗パウンドケーキは、包丁に付いたバターをたっぷり型に塗ったから、
ベーキングペーパーを敷かずに焼いたら、型出しに失敗しボロボロにしたのでした。

3回目。
ペーパーも敷いたし、しっかりした生地も出来た。
生地を型に流して、刻んだ栗も満遍なく散らし、天辺に栗を並べ、
焼き上がりにも栗が並んでる予想は、







外れた。
結局、1回目が一番栗が乗ったんだ。
やればやるほどってどうなのよ。



味は良くなってました。

朝から仕込む。



お菓子レシピ手帳。これは3冊目。





編み物クラブ用のおやつを作るのは私の業務のひとつ。
ほぼルーティンワーク。





ケーキの上に乗っかってるはずの栗はどこへ。

前回は、

二度目で失敗するのも私のルーティンだった。
今日はシロップも染み込ませるのだ。

近所のリサイクルショップにて、布やファスナーなど、材料調達しました。

パッチワークをなさってた女性のものだったそうで、物色しながらその思い入れがなんとなく伝わってきました。
不意の出費だったけど、これぞと思うものしか手を出さなかったので、
きっといつか、どれも生きるはずです。

体温が上がっております。



おはようございます。



昨日は編み物クラブでした。
いつも仲良しの水曜ですが、昨日は一人はセールブー手袋という指先まで星模様の続く編み込みを、
もうお一人がアランベストのゴム編みの合わせを、
もうお一人は毛足の長いモヘアの編み目と。
今日はこれをやり終えなくちゃと集中してました。
なのでクラブ中は、静か。
私は、減らし目の計算や編み目の整え方、針目の確認など、細々と。

お茶の時間になるとふぁっと話しが盛り上がり始めます。
良い時間でした。


今、私が手掛けてるのは、フェアアイルのカーディガンです。
最初は自分が着たくて作った試し編みが、まずは友達のベストになりました。
それからベスト、カーディガン、ストール、手袋と姿を変えて、広島で長野で、あとはわからないどこかへ行きました。

今日も編みましょう。

またある日の編み物クラブ。
人数に関わらず、みんなが難しいことをしてて、
例えばモヘアの毛糸とか、
セールブー手袋の指を分ける所とか、
アランセーターの肩を剥ぐ所とか、
盛り沢山で終わった後、よく覚えてない日があります。
そんな日は、伝えなくちゃいけないことを伝えてるか、
次回までの宿題のポイントを忘れてやしないか、 思い出そうとしてみるけれど、
フェンスの向こうに大人の猫と、産まれて間もない子猫が落ちたとか、
少し離れて見てた大きな猫はお母さんだったのかしらとか、
挽いてもらったコーヒー豆は細かく均一できれいだったとか、
そんなことばかり思い出してます。



ある日の編み物クラブ。
初めてのフェアアイルベストも、 前立てを編むのみとなられました。
よくがんばったね♪
技術もひとつひとつずつ身に付けて、 彼女もこれからはどんどんフェアアイルを編めるようになります。




丁寧に厚焼き玉子を作っても、必ず半分は、母のおかずとなり、
どんなに手をかけたってバクバクと食べられてしまう。
私は玉子を4つ使った厚焼き玉子を一人で食べてみたい。

母のいないお昼ご飯に実行した。
厚焼き玉子のサンドイッチを。

レシピによると厚焼き玉子の味付けにも、パンに塗る辛子マヨネーズも、マヨネーズを使うらしい。
うちにマヨネーズが常備されたことがない。
いつも必要な時には簡易的マヨネーズを作る。

さて今回は、ゆで卵の玉子サンドではないので、マヨネーズは重要ではないと思っていた。

いつも作る簡易的マヨネーズを大さじ1杯分だけボールに作り、そこに玉子を投入。昆布といりこの出汁を入れて塩胡椒した。
パンには辛子バターを塗った。



玉子に焼き目をつけてしまった。
おかずとしての卵焼きならオッケーだけど、サンドするには苦味はいらない。
さらに、玉子サンドはぼんやり。
市販のマヨネーズの威力は出なかった。
のっぺりと薄味で、出汁巻玉子なのか、厚焼き玉子のサンドなのか、狙いは定まらなかった。
玉子サンドの厚焼き玉子を作るのだ。

次の日、リベンジ。
昨日の反省を踏まえ、玉子にしっかり味を付けてみた。
マヨネーズの旨味はヨーグルトでカバー。チーズまで入れてみた。



今度は塩味もしっかりさせた。すると玉子の甘みが感じられた。

玉子は3つ。
4つも使う太っ腹はなかったけど、もう十分満足。
この二晩、夕ご飯は軽めだ。
母には悪いことをしている。

今週なのか先週なのか、
月曜に友人でもあるお客様がいらっしゃいました。

オーダー主との打ち合わせは、久しぶりの友人との近況報告で、互いの最近感じてること、まだ話してなかったことの交換が、ほとんどの時間を占めるのでしょう。

私は、彼女に一番似合うものを探っていたり、ある程度決まったデザインを確信する時間でもあるけれど、
何より日々のことを共感し合えるのが、一番のごちそうかもしれません。

二度目のパンプキンパイ。



お花を頂きました。
私も好きな花屋さんのでした。



今週、仕事が捗ったかと言うとそうでもなく、所用続きと次にかかるカーディガンのパターン計算に頭を悩ませてました。

6日経った花を二度目の水切り。




心は決まりました。
仕事に取り掛かります。

total : │today : │yesterday :