バレンタイン前後に、ブラウニーを焼いた。
はじめは、チョコレートのレシピ。
次に、ココアで「濃厚」レシピ。
チョコレートの方は文字通りチョコとバターを湯煎で溶かし、卵、小麦粉を加え焼く。
ココアの方は、バターと砂糖を擦り混ぜた中に、卵、沢山のココアと小麦粉を入れるレシピ。


湯煎にかけるのは、ガトーショコラでやっている。
卵の泡立てに、ハンドミキサーを使えば、よりふわっとなるから、取り出して、いい生地が出来た。

天板に流し入れ、炒った胡桃を上からかけたところで、様子が違うことに気付く。
混ぜ込むのだった。

まるで、石垣の様なブラウニーが焼き上がり、



カットすると、少しはお菓子らしくなった。


ココアで「濃厚」ブラウニーレシピ。
ブラックココアなるものを買っていた。
それなりの値段だった。
ガトーショコラに加えるつもりだったのか。時々、分不相応な買い物をする。

ほどほどのチョコと、良質なココアと。
どちらがおいしいか。

バターは、予熱中の天火の上でマヨネーズ状に柔らかくなり、砂糖を擦り混ぜ、卵を加えた。
ここまでうまくいったので、ハンドミキサーではなく、泡立て機でやり通すことにした。

暖かい日だったのでエアコンは切っていた。
天火の予熱から外し、どんどん混ぜてく生地は温度が下がり、急激に締まってきて、

いつかのココアの絞り出しクッキーを思い出していた。

前の部屋は、台所が玄関だったので、牛乳ポストや新聞受けから、隙間風が入り、換気が大事とそのままにしていた。
鉄のドア一枚では、外気とほとんど変わらず、お菓子教室で習ったばかりの絞り出しクッキーは、どんどん生地が冷え、絞り出し袋に入れる頃には固体となり、手で温めてもちっとも搾り出ず。
残念なドロップクッキーとなった。

あの失敗が、再び。

何とかココアと小麦粉を加え胡桃も忘れず、固まりの生地を天板に放ち、あとは熱で伸びてくれと拝んだ。

天火の火が伸ばしてくれたし膨らんで焼けた。

ブラックココアのブラウニーは、イカ墨の塊となり、粒々でかろうじてお菓子の体をなしている。

翌日に味見したら、濃くておいしかった。柔らかさには欠ける。



そんなブラウニーを誰に渡したのか。

いつも声をかけてくれる郵便配達員のお兄さん。
母の主治医の看護師さん方。
向かいの家の、引っ越し当時から何かと気遣ってくれるおじさん。
「おばチョコ」と表し、有名店のガトーショコラを届けてくれた年上の友人。(私の留守中に、ほぼ母のお腹の中へ)
犬の散歩がてら、寄ってくれた友達。
これからお世話になるであろう母のディサービスの職員さん。

あとは明日の編み物クラブにて。

イカ墨ブラウニーに、珈琲は合わせません。
紅茶にします。
苦味ばしって仕方ないでしょ。

母のご馳走は、ピザである。
新聞を片付けたテーブルの上に、宅配ピザのチラシを乗せている。

「ピザが食べたいの?」と聞くと、「作って」と言う。
今夜はピザにしようと約束する。

母の望みは、すぐ叶えるのが一番早く手が打てることを学んだ。
散歩、寝る、ご飯。
自分のタイミングより、母の時間で動いた方が、喧嘩をしなくて済むし、後の仕事がしっかりできる。

明日の編み物クラブのおやつに、ブラウニーを仕込んだ後、ピザ生地を捏ねると、手が重くなった。

夕方、母が何か食べたいと言うのを、もうすぐだからと、ピザを焼いた。

トマトソースはケチャップで代用。
スライスした玉葱とエノキをしこたま乗せた。
塩麹に漬けたササミと、チーズ。

母の主治医によると、タンパク質と脂質を多く取るべし。炭水化物、糖分は少なめ。
少なめの方は出来てないが、とにかくタンパク質と脂質を多めにしたら、いつでも食べたい母のお腹も落ち着くのではないか。
私が寂しい思いをさせてるのか、母はいつもお腹を空かせている。

さてピザ。

うちの天火オーブンは優秀だが、乗せるガス台に安全装置が働くので、いけない。
ここに越す時に、母の使い慣れたガス台にしたのだ。
勝手に火力が下がり、そもそも天火オーブンに反応がよくないので、強火で焼けない。

待って待って、ようやく焼けた。

魚焼きグリルでも焼いてみた。
こっちの方が早く焼ける。
ピザ生地だけを片側焼いてひっくり返し具をのせた。

宅配ピザのチラシを見ながら、二人で小さめのピザを3枚食べた。
母は、満足したらしい。
「またやって」と言う。

私は「仕事の時間が取られるからね」と答えていた。
かといって宅配ピザを頼むほどの甲斐性はない。
生地さて捏ねれば、あとは楽しいばかり。
また作るよ。
確か前回のピザは、ふた月前だった気がする。





ちくわ、こんにゃく、ゴボ天、ジャガイモ。
広告をちぎった裏紙のメモが、鏡台の上に転がっていた。

おでんの具を買った。
明日は朝からおでんを仕込もう。
お昼は簡単に済まし、編み物クラブが終わったら、すぐに食べられるよ。
ゆで卵も入れようね。




追記
お昼の簡単ご飯は、生わかめがあったので、茹でた素麺と炒めた。
油揚げと白葱のスライスも加え、目玉焼きを乗せ、最後にラー油をかけた。
調理に10分とかからず、思い付きの割に、おいしく出来た。

エーデルワイスのブローチを失くして、そして見つけてくださったとのこと。

昨年6月に作りお渡ししたエーデルワイスのブローチを気に入って付けてくださってたそうで、それがある日なくなったと、
家の中や職場のロッカーなど、あちこち探しておられると聞いていた。
悔しくて、仕事から明るいうちに帰宅できた日に、今度は自分の歩く道々をゆっくり辿られたとのこと。
失くされて、すでに数日経っていた。

歩道脇の一段下がった草叢に、エーデルワイスがあったと言う。
エーデルワイスは、無事に待っていたそう。
よくぞ見つけてもらえた。

見ると、エーデルワイスを縫い付けた金具ピンの引っ掛かりは、ほんの1mmあるかないか。
これでは、ピンを弾いて飛んでってしまっても無理はない。

修理にしばらくお預かりすることにした。

プローチ台ごと新しいものに付け替えたい。
全ての縫い糸を切って、別の台に縫い付けなくちゃ。

プローチ台にも良し悪しがあるとは、知らなかった。

今度は、慎重に台も選びたい。
購入する編み針の仕上がり、縫製用の縫い糸のメーカーには、気を付けていたけれど。


エーデルワイスのブローチは、とても軽く、柔らかなニットの上に馴染む。
自分がブローチってこと、忘れてんじゃないか。



母との鍼治療の帰り道、畑がショベルカーで掘り起こされていた。
その固まりが寄せてあったので、畑に入り、こっそり球根ごと何本か、頂きますね、と持って帰った。

母は黄色が良いといい、私は白が良いと思い、それぞれを何本かずつ。

持っていた折り畳みの買い物袋に入れて、バスに乗った。

茎から下は庭に植えて、花はクチャっとしてたのを思い切って水切りしたら、朝にはこんなに元気になった。
あの香りを振りまいている。

白の方が好きだと思ったけど、黄色もいいではないか。
いっそ黄色だけで統一すればよかったか。
そういえば、シェットランドヤーンの中にも、水仙(daffodil)という糸色があり、それはレモンより濃い黄色だ。
確か、写真の中のシェットランド島でも見られた花だったと思う。

私は水仙には、思い出が残っているけど、これからは、春を連れてきてくれるだろうか。

ここで毎年、亡き社長のことを思うのも良い。

来年の今頃は、うちで水仙が見られますように。

拝啓、お元気ですか?
今日はまたぐっと気温が下がり、こちらも粉雪が散らついています。
ご無沙汰しています。私は元気です。

今日は午後から編み物クラブでした。
クラブのみんなが寒くないように、何かないかと考えました。

母が余り糸で編んだ靴下が、そういえばいくつかありました。
滑り止めに合皮の足裏が貼ってあるんです。
これがあれば、靴下の痛みが少なく長持ちするし、危なくないでしょ。
色とか問わず、とにかくこの時間だけでも凌たら。

今度来られた時、よかったら履いてくださいね。^^




祖母が、母と私に編んでくれた膝掛けもありました。
私が小学生の時からのものです。
アクリルも混ざった毛糸のせいか、虫食いもなく、使えます。
膝掛けが使いたい人に、ないのは寂しいものね。




今日の編み物クラブは、5人。
初めての方も、久しぶりのメンバーも来てくださり、賑やかでした。

「失敗したみたい」
もう分かっちゃったら、編み直すしかないです。
次は、必ず上手くいくから。

気づくと、3人が解いてました。
「これじゃ、ほどくの会だね」と誰かが言って、みんなで笑いました。





ほどいた分を取り戻そうと、彼女がすごい勢いで編んでいます。
そんなに飛ばしちゃ、手が変わっちゃうよ。
いや、彼女はそれをもう何度も編み直しているから、私が言うこともないはずです。
それにしても、と躊躇しながら、うっかり口から、
「殺気立ってるよ」

一番いけないのが出ちゃってました。
我に帰ったように、ケラケラと、いつもはクールな彼女ですから、自分でもおかしく思ったようです。
私は、ごめんと謝りました。
いや、湯気が出そうだったからさ。



明日は、午前と午後と用事が入っており、私は今から机に引っ付いて編みます。
作りたいものは沢山あって、今編んでるのも早く仕上げたい。
次の次を早く見たい。

仕事は大事。 いつも心に口笛を。

またお会いできる日を楽しみにしています。
その時のために、しっかり編みますよ。
昨日でした、HOLY'S編み物クラブ「みせあいっこの新年会」。



みせあいっこ始まるよ〜と、メンバー勢揃いするのを待ってるところです。
この日、初めて会った曜日違いのお二人は、お揃いのマフラーを作りました。



同じ色番号でも、原毛色はその時期で色が変わります。
「こんなに違うんだね」と比べてみます。
編み手が変わると目の詰まり方もそれぞれです。




スカートがぴったり丈のお二人のセーター。柄ものトリコロールとシンプルジンジャーと。
スカートとの色合わせも、素敵です。

トリコロールのセーターは、裾の二目ゴム編みだけは、フェアアイルの技法の二重仕立てゴム編みで編んで、しっかりとした仕上がり。
こんなアレンジも自分で編むからこその良さです。












「はめてみてもいいですか?」
つけ心地は?温かさは?
実際につけてみないとわかりません。
情報交換を思う存分してもらえるのが、みせあいっこの魅力です。

「何号針?」
「2本どり?」
次の作品に大いに役立ちます。




「自分の手袋は、ほとんどないのよね」
誰かに編んだ手袋は、あれもこれもとあるのにね。







オリジナルデザインの、ネックウォーマーとフェアアイルカーディガンのお二人です。





「ここ、どうなってるの?」
あちこちひっくり返して、どうぞどうぞ、見てみてください。
次に作りたいものへのイメージが、湧いてきます。

たまに群れてみるのも楽しいですかね。(笑)

編み物クラブのみんなは元気です。
今は遠くに住む編み物クラブの友達、
帰って来られたらいつでも顔を出してくださいね。
待ってますよーーー!

ミトンのお直しを届けに行きました。
お届け先は、例の古本市の上でした。
受け取ったばかりのお直し代で、心に余裕がありました。
前日見送った幾冊かの前に、この絵本を見つけました。



絵は初山滋さんです。
確か童話画家、武井武雄さんと大正から昭和にかけて、日本の子供達の為にと尽力された方だったと記憶しています。

帰っていそいそと用事を済ませ、読みました。
手に取った時、迷いはなかったので。

いつの世も、市井の人のささやかな日々は、粗末なものを心の碑のように抱えて、激しい雨風の日も仕事に出掛けます。
空が晴れ、藤六に小鳥の声が聞こえてくると、鳥達は一重の着物を着たかわいい女の子たちになりました。
鳥たちの話を聞いた藤六の気持ちを、鳥たちはわかると、歌を歌います。


奥付の上に、この本を出品された古本屋さんのシールが貼ってあって、初山さんの絵と寄り添い馴染んでいました。


蝋梅なんですね。
花弁が透き通ってて気付きました。
初めてまじまじと見つめました。



梅の枝は節くれ立って、さらに赤くないからと勝手な解釈をしていました。
母に、「老梅かと思ってたよ」と言うと、
「えっ、違うの?」と言われました。
この親だから仕方ないか。
団地育ちのせいと思いましたが、そういうことでもないみたいです。

蝋梅の枝は、赤い梅の枝よりすーっとしてて、勝手な解釈も当てはまっていませんでした。

編み物クラブの方が、 「正月花です」とくださいました。



蕾ばかりだったのがふくふくと膨らんで、新しいことを教えてくれました。

もうひとつは、和花の合わせ方。
朱赤に山吹色に、緑。
正直、最初うちには豪華すぎると思いました。
土色の花瓶では渋すぎて、もうひとつの水色の花瓶に生けました。

童話「うりこひめとあまんじゃく」(木下順二作・初山滋絵)のうりこひめの着物が、ちょうどこの正月花と花瓶の水色の入った色合いでした。
黒の掛け衿に、臙脂の帯が合わせてあります。

蝋梅の花が咲いて、柔らかな黄色の分量が増えると、花全体がまとまってきました。

昨日、出掛けた先で手袋をお預かりしました。

2011年に三越の『北欧展』に合わせて展示販売をさせていただきました。
その時に買って頂いたミトンです。







お直し後。






こんな風に毛糸が薄くなって切れた所に、糸を入れて目を作りました。
仕上げ洗いをしても、生成りの糸は、新しく入れたところがわかっちゃいますね。
こんな風になります。
長く使って頂いてて、うれしい。



ノルウェーはセールブー地方の伝統ミトン。
八芒星にクローバー模様を合わせました。

5本指のもあります。




時々、「展示会しないんですか?」と聞かれることがあります。
2008年から4年間、そして一年跳んで、2013年と、長野と広島で展示会をやらせて頂きました。

最近は、個人オーダーのセーターやカーディガンの製作が続いており、1着仕上がっては納品しています。
オーダーをお受けすれば、手袋や帽子も、もちろんお作りしています。

たくさんの方に直接見て頂く機会から遠のいていますが、オーダーが落ち着いたらまたいつかと思っています。
作りたいものは、たくさんあるんです。





初版1963年、1979年第32刷の絵本が、こんなにきれいなんです。

好きな絵の本って、そんなにないのかもしれません。
お話は、読む時で印象が変わるようです。
それなら、好きな絵で、見つめ続けられるのが一番だと、今の私は思います。
その感覚は、自分だけのもの。
そう思うと、あれとこれと買っておけばよかったと、後悔しました。
大人になって随分経ってるのに、何の役に立つのかわかりません。

いつか、いつか、絵本を作れるような人になりたい。

古本市で、どうしても抱えてしまった一冊です。



シャレオ古本まつり、1月19日まで。



total : │today : │yesterday :