昨日の水曜編み物クラブの様子です。



冬支度は始まっています。

手前にある毛糸はクラブの方が買われた毛糸。偶然の色合わせに胸が掴まれます。




お疲れ様でした!

小さな庭が、かぼちゃ畑になりました。

この夏、土に埋めてた生ゴミの、かぼちゃの種から芽が伸びて、どんどん葉を広げました。

花が咲いて実が付きました。




収穫して食べ頃を待ちました。








パンプキンパイ、できました。

編み物クラブのおやつです。


いつもお世話になっている日本のボタンメーカーです。
質の良い貝ボタンから木製ボタン、
新しい素材である牛乳のカゼイン成分で作られた乳白色のボタンなど、
HOLY'Sニットに欠かせません。
これからも使い続けます。

今、市場に出回るボタンは、中国製が幅を効かせてますが、良い素材で作られたボタンには、やはり一見して趣があります。

9月7日の繊研新聞より



昨日の水曜編み物クラブより。
クラブKちゃん、タッセルベレー 仕上がりました〜。
てっぺんから分散増し目で、縄編みを入れながらと、
ちょっと難易度高めでしたが、最後まできれいに編まれました。

被り口のリブを浅めにされたのが彼女らしくて、効いてます。
似合う大きさってありますよね。
そして、甘いボンボンじゃなくタッセルがなんです。
しかもこのボリューム。
シェットランドヤーンの原毛色を使って一生使えるベレー帽となるでしょう。

編み物クラブでは、みんな冬支度が始まってます。



これからも編み物クラブのみなさんの作品、ご紹介していきますね。

前回のピースオーブンで焼いたのは、これでした。



「カステラの季節がやってきたよ〜」

抹茶カステラ。
友達からレシピを教わり、プレーンのものと何度か作りました。
一晩置いて頂きます。

昨日の水曜編み物クラブ、
お疲れ様のお茶時間。




9月になりましたね。
おはぎを作ってみましたよ。
お月見には早いけど、昨夜は月がとても大きかったので。



今日の編み物クラブは、クラブの方のアメリカ旅行のお話しや、聴いてる音楽の話など。


暑さの戻った今日は、まどろむ時間もなんだか多く、おしゃべりの方も多めの様子。



アメリカのチョコレート、
パッケージのすてきなこと。


お疲れ様です。
みんなの机の上です。
旅行写真も見せて頂きました。




さわやかな風が吹くような編み物クラブでした。
昨日、久しぶりの友達が訪ねてくれて、タートルネックセーターのオーダーを頂きました。

おしゃべりしながら、着たり脱いだり、忙しくも楽しい時間が、どんどん過ぎて行きます。

タートルネックセーターの雛形になるのは私が自分の作業用セーターとして作ってあった2枚です。
それを着てもらって、どちらの形がいいか、好みの袖口や裾のゴム編みの長さ、
襟の高さ、毛糸の色を決めてもらいます。




セーターの形、それぞれのゴム編みの長さはすぐに決まりました。
前からイメージを妄想してくれてたとのことです。

毛糸の色に悩みます。
合わせやすい原毛色の中でもライトグレーと、濃淡のあるブラウン。
「毛糸玉より、編んであるもので見られないかな?」と色選びのヒントをもらいました。

「あるよ」



今度から羊いろいろを出しておきます。^^

毛糸の色は決まりました。
二人共がこれぞと思える毛糸が見つかりました。

編み始めるのが楽しみです。
仕上がったら、またここでご報告しますね。

いつもすてきな着こなしの、彼女らしさがセーターに表れること思います。





エアコンしてても汗だくな、
今日はチーム土曜日、
HOLY'S編み物クラブです。
編み出し糸から目を拾って数えたり、
模様編みの配色間違えたから、
編んだとこ戻ったりね。
口も手も忙しく、
時々、健康情報も。(笑)


BGMは、キャロル・キング「つづれおり」
アルバムラスト「Natural Woman」
追悼、アレサ・フランクリン。

キャロル・キングは、ブラック・ソウルとブルー・アイド・ソウルを繋げた人だと思ってる。

今編んでいる、カーディガンの肩をはぎながら編んで、解いてまた編み変えて、
夕方、窓の外にクジラが現れる。



次の朝、昨日編んだところで、気になるところがあってまた解いて編み直した。
今度こそオッケーだ。

見えてくる目が変わってきたということ。

昨日の水曜編み物クラブより。



アランベストと、クルーネックセーターの編み始めに取り掛かられてるところです。

お二人とも黄色い編み出し糸で作り目に。

クルーネックセーターは、本に載ってたテキストです。
きれいな形に仕上げるために、身頃を別々に編むやり方を輪編みに変えて始めておられます。

輪編みの失敗で多いのは、作り目から2段目を編む時に作り目が捩れ、編み地が「メビウスの輪」になることです。

輪針だと編み目を移動させながら編むので、数段編まないと、この捩れには気づけません。
解決策は、最初の作り目から2段までは棒針で、3段目から輪針に変えて編むことです。


HOLY'S編み物クラブでは、本に載ってた「これを編みたい」でも、「○○なセーターを編みたい」でも、
作りたいものを作ります。
本に載ってたテキストを、そのまま編むより、着たい人のサイズに合わせたいですよね。
本だけでは補えないコツを一緒に考えます。
自分の着たいものを形にしてく場合、ご自分でパターンを引くところから始めます。
上級者向けとはなりますが、小さな手順さえ惜しまなければ、必ず欲しいものへと近づけますよ。
その仕事をやり終えた時には、この上ない自信になられることと思います。

「お気に入りの一枚へと、小さな一歩を歩んでみませんか?」
そんな気持ちで、自分でデザインしてみられることをお勧めしています。

今日もお疲れ様でした。


total : │today : │yesterday :