11月某日

用事があり電車へ遠出。
珈琲豆焙煎の店で、オートミールクッキーキャロブ入りを自分のお土産にした。
こんなクッキーを作れるようになりたいと思ったのだ。
オートミールクッキーは、いつだって作ってみたかった。
うちの天火オーブンには、天板が一枚ずつしか入れられないから、編み物クラブのおやつにするには、効率が悪く、時間ばかりかかるから、作りそびれていのだ。

母へのお土産は、銘菓文部大臣賞最中。


12月某日

カーディガンのオーダー頂いてる小鳥ちゃんを、デザイン打ち合わせのため急遽お招きする。
タイミングあったので。
買い物途中、コーヒーが飲める食料品屋で、オートミールクッキーを小鳥ちゃんとのお茶受けに買う。
いつかおいしいオートミールクッキーが作りたいのだ。

打ち合わせが終わり、ちょっとそこまで小鳥ちゃんを見送り、帰って来ると私の皿に乗っていたはずのオートミールクッキーも、残り一枚ビニル袋に入ってるはずのオートミールクッキーも、全部消えていた。

ない、私のオートミールクッキー。
夕飯前、お腹を空かせた母が全部食べちゃった。
2枚で250円もしたんだぞ。
母さん、4枚中3枚も食べたんだぞ。
「また買いんさい。お金あげるけえ」
自分のためにだけなんか買えるもんか。
お皿に残ってたから、いらないんだって思ったんだって。
母さんには、最初にあげたのに。
私が打ち合わせしながら、食べられる訳ないじゃないか。集中してんだぞ。
オートミールクッキーを楽しみに帰って来たんじゃないか。
こんな時、ジェームス・ブラウンになるんだな。
JBもさぞかし悔しかったんだろうなぁ。

夕飯を終え、気分を変えようと来客用のケーキを焼くもまた思い出すあの口にできなかったサクサクを。


12月某日

オートミールを買った。
オートミールクッキーは自分で作ろう。
私の理想のオートミールクッキーを。
オートミールクッキーと、編み物だけの人になる。


12月某日

1度目。
ちょうどその日、友達がうちに寄ってくれたので、珈琲も淹れて一緒に味見。
明日の編み物クラブにも。

12月某日



2度目。
クッキー生地は、焼くと平らになるので、今度はドロップしてもペタペタ押さえずに焼いてみた。
平らになってるけど、厚みはあるなぁ。
明日の編み物クラブ用と、その翌日、何年かぶりに会う年上の友達のうちにお呼ばれする。
これだけ、たんまり持って行こう。
母にももちろん。



12月某日

クッキーは、中が少し生っぽかった。
カントリーマアム風と聞こえはいいが、オートミールクッキーは、バリっとしてなくちゃ。
友達のうちでは、レンジにかけてパリッとさせた。
やはり生地は押さえなくちゃだ。
厚みがあるまんまだとな。


12月某日

オートミールクッキーのことを考える。
バター、茶色の砂糖、卵、小麦粉、ベーキングパウダー、オートミール、チョコチップ。
これだけで充分なオートミールクッキーになるけど、自分は生姜の効いたクッキーが好きなんだった。
次のオートミールクッキーは、生姜を入れよう。
パウダーなら楽チン。
生なら、蜂蜜で少し煮詰めなくちゃな。
関連する記事

total : │today : │yesterday :