バレンタイン前後に、ブラウニーを焼いた。
はじめは、チョコレートのレシピ。
次に、ココアで「濃厚」レシピ。
チョコレートの方は文字通りチョコとバターを湯煎で溶かし、卵、小麦粉を加え焼く。
ココアの方は、バターと砂糖を擦り混ぜた中に、卵、沢山のココアと小麦粉を入れるレシピ。


湯煎にかけるのは、ガトーショコラでやっている。
卵の泡立てに、ハンドミキサーを使えば、よりふわっとなるから、取り出して、いい生地が出来た。

天板に流し入れ、炒った胡桃を上からかけたところで、様子が違うことに気付く。
混ぜ込むのだった。

まるで、石垣の様なブラウニーが焼き上がり、



カットすると、少しはお菓子らしくなった。


ココアで「濃厚」ブラウニーレシピ。
ブラックココアなるものを買っていた。
それなりの値段だった。
ガトーショコラに加えるつもりだったのか。時々、分不相応な買い物をする。

ほどほどのチョコと、良質なココアと。
どちらがおいしいか。

バターは、予熱中の天火の上でマヨネーズ状に柔らかくなり、砂糖を擦り混ぜ、卵を加えた。
ここまでうまくいったので、ハンドミキサーではなく、泡立て機でやり通すことにした。

暖かい日だったのでエアコンは切っていた。
天火の予熱から外し、どんどん混ぜてく生地は温度が下がり、急激に締まってきて、

いつかのココアの絞り出しクッキーを思い出していた。

前の部屋は、台所が玄関だったので、牛乳ポストや新聞受けから、隙間風が入り、換気が大事とそのままにしていた。
鉄のドア一枚では、外気とほとんど変わらず、お菓子教室で習ったばかりの絞り出しクッキーは、どんどん生地が冷え、絞り出し袋に入れる頃には固体となり、手で温めてもちっとも搾り出ず。
残念なドロップクッキーとなった。

あの失敗が、再び。

何とかココアと小麦粉を加え胡桃も忘れず、固まりの生地を天板に放ち、あとは熱で伸びてくれと拝んだ。

天火の火が伸ばしてくれたし膨らんで焼けた。

ブラックココアのブラウニーは、イカ墨の塊となり、粒々でかろうじてお菓子の体をなしている。

翌日に味見したら、濃くておいしかった。柔らかさには欠ける。



そんなブラウニーを誰に渡したのか。

いつも声をかけてくれる郵便配達員のお兄さん。
母の主治医と看護師さん方。
向かいの家の、引っ越し当時から何かと気遣ってくれるおじさん。
「おばチョコ」と表し、有名店のガトーショコラを届けてくれた年上の友人。(私の留守中に、ほぼ母のお腹の中へ)
犬の散歩がてら、寄ってくれた友達。
これからお世話になるであろう母のディサービスの職員さん。

あとは明日の編み物クラブにて。

イカ墨ブラウニーに、珈琲は合わせません。
紅茶にします。
苦味ばしって仕方ないでしょ。


total : │today : │yesterday :