玄米を食べています。
浸水を忘れるとその日のご飯は炊けないので、何か他の物を考えます。

カレーが食べたいと母が言いました。
ナンを焼くことにしました。
ピザで学んだのだグリルで焼きます。
薄力粉と強力粉とイーストと、砂糖と塩と。
測りもせずに適当に合わせタッパーに入れた生地を、母の電気毛布に突っ込みました。
お肉屋さんで買った鶏モモ肉があったので、ケンタロウレシピのチキンのミルクカレーにしました。
本当は生クリームを使うのですが、豆乳で代用。
カレーに、冷やご飯がほんの少し。
半熟卵は、柔らか過ぎました。



その日の夜は、冷やご飯もありません。
「またナンを焼いて」と母は言います。
仕込みさえすればと、また母の電気毛布に突っ込みました。

肉屋でミンチも買ってました。
肉まんにしました。



肉まんというより、大きな蒸し餃子の食感になりました。
いつか飲茶も出来そうです。
肉まんの生地の配合は?
黒糖饅頭の生地と似てるから、薄力粉で作ればいいのかな。
余った肉まんは、そのまま冷凍庫に入れて次の日。



キャベツが蝋細工の様。
そのまま蒸したら、昨日と同じく出来ました。



total : │today : │yesterday :