うれしいセーターできました。

本当は、今、編んでいるメンズのアランカーディガンの袖の形に、悩んでいました。
当初、襟元から身頃を繋ぎ袖へと続くサドルスリーブを考えていました。
でも今回のこの色で、もしラグラン袖のデザインが似合うなら、カーブ具合で体に合うラグラン袖ができるんじゃないかと思ったのです。

それなら試作にと、自分のサイズでラグラン袖のセーターを作ってみることに。

アランの胴回りを編む間に、 試作セーターの胴回りを筒にまっすぐ編むまで、また母に頼みました。
袖と袖付けから自分でやってみなくちゃ。
何度かほどきながら、カーブの減目に気持ちいい数字の並びを見つけ、改めて編み直しました。
きっとこのセーターで、サイズ展開が縦横にできると思ったのです。
キチンとした数字が必要です。










結局、メンズのアランカーディガンは、やっぱりサドルスリーブに決めました。
全体の形に、メリハリがあった方がすっきり着てもらえると思えたからです。


いつかこの試作セーターと、もう一着のセーターとを見本に、 オーダー会をします。

色や襟の高さに着丈、リプの長さを自由にオーダーしてもらい、
ほつれたら糸を足し、編み変えて、その人の体の形となって、いつまでも着続けられるセーターを、いくつも作れたらと思います。


total : │today : │yesterday :