今日の土曜日編み物クラブにて。

仕上げ洗いが楽しみな編み上がったメンズセーターと、編み始められたご自分のカーディガンと。
手が安定しておられ、きれいな編み地です。
仕上げ洗いをすると、毛糸の膜が一枚取れたように、色は一層鮮やかに、
風合いは、織物のマフラーように柔らかになります。



メンズセーターは、三國万里子さんのテキストから。
ご自分のカーディガンは、風工房さんから。

最近は、フェアアイルのテキストも増え、いろんなデザイナーの方が本を出しておられます。
従来のフェアアイル技法やデザインに限らず、デザイナーそれぞれの工夫が感じられて、とても勉強になります。

今日は、今やっている自分のやり直しがあって、初めて見る製図の意味がわかりました。
これだけでも、失敗のやった甲斐があったかと。

関連する記事

total : │today : │yesterday :