今日の水曜編み物クラブより。




この頃ずっと考えています。
「どうしたら編み目を綺麗に揃えて、編むことができるか」
自分が無意識にやってることってなんだろう。

できれば左右の袖は大きさを揃え、
鹿の子編みは、編み目が緩まずふっくらと仕上げたいのです。
私も手を動かしながら考えました。
糸を持つ左手のピッチを緩めたり、
キツくするのは、どうやら的策ではなく、
編む右手の針をしっかり動かすことに尽きると思います。
人が意識的にしようとすることは、 結局、小手先でしかなく、長続きしません。
ムラが出るし、やり過ぎることも多々あります。
編む針をしっかり動かすよう癖にすれば、自然と目がきれいに揃ってくるようです。
均等に成れてきます。
そしてふっくらと。
目を詰めて編んでいても、キツいのと空気を含んでるのとは、違う気がします。
彼女のようなモヘア糸の時も。
ほら、針の先がよく出てるでしょう?







total : │today : │yesterday :