『落穂拾い』を観て彼女を知ったのだが、そのタイトルで落ちてしまった。



ミレーの『落穂拾い』は、大きな鎌でザクザク刈り取られた後、その束から零れ落ちた麦穂を集め、蓄えとする小作民をモデルに描いた。
故に、とりわけ庶民に愛し愛された画家であり、その落穂拾いの行為は、大地主も認めていたと言う。

現代の『落穂拾い』は、出されたゴミの中から、まだ食べられる食べ物、
収穫された規格外の野菜の破棄された山の中から、食料を調達する人々を描いている、ドキュメンタリーだ。

決してエコを歌うのではなく、軽やかにヴァルダの視線の動きがそのまま映像となって流れるので、すぐそばの友達の遊びに眺めている感覚だ。
例えば、規格外のジャガイモは、なんてキュートなんだろう、とか。
スーパーのビカビカしたパッケージだらけの食品を買うことが、本当の幸せなのか。
大量消費を小馬鹿にしたような映像も、小気味よかった。

映画館で、2度ほど観ている。
ヴァルダの作品は他にも観ているが、映画が趣味とは言えない自分は、うる覚えだ。

今日観たのは、その夫の少年時代を描いた『ジャック・ドゥミの少年期』



小さな映写機を借りたことから、映像を作ることにのめり込んでいく少年の成長が、その時代と共に描かれている。
対象の一箇所をアップで長回しのシーンなど、「そうそう」とうなづいた。彼女の映像によくあるからだ。


語れるほどの言葉もないので、これ以上のことはないが、長回しが嫌じゃなかったり、出てくる人物に好感を持ってしまうところが、私に取って彼女の映画は、心が落ち着く。
老人がかつて子供だったように、私達がいつでも無邪気になれることを、お尻の下から後押ししてくれるのだ。
ヴァルダの作品なら、全て観たい。

ジャック・ドゥミの映画が、フランス映画におけるヌーヴェル・ヴァーグ時代と呼ばれていると、一致したのは今日だった。
そもそもヌーベルバーグがわからないけど、何作か観ていた。『シェルブールの雨傘』など。

20代、弐番館の映画館で、1300円2本立てを、晩ご飯の時間もお金も削り、貪るように観ていた。

今、なんの糧になってるかわからないけど、『落穂拾い』だけは、影響を受けている。

デザインニットではなく、労働するためのニットを作りたい。
ワーキングクラスヒーローのためのオートクチュールだ。


ジャック・ドゥミも、父は自動車整備工場、母はガソリンスタンドと美容院を掛け持ちする家で生まれ、父親から勧められた進路は職業訓練校だった。

今日がその持ち主となる方のお誕生日で、きっとご家族から今夜贈られたであろう、 男性LLサイズのカーディガン。
クライアントをお迎えになる事務所でも着られるように、
襟元にタイを締めれば、キチンとした印象も作れるカーディガンを、とのオーダーでした。

色は、Adminal navy、海軍の紺色です。

今日までのサプライズですから、私の服と合わせてみるしか仕様がありません。
持ってる中で一番高かった靴と合わせてみました。







ポケットは縦口です。



パターンを切らず大人っぽく、使いやすいポケットをと考えました。
ボタンは、ジャケットに使うようなメタルボタンの大き目が付いてます。幅広な前立ても、ダブル仕立てにはせず、着やすく仕立てました。



袖口は、ゴム編み長めです。






70才になられる記念のお誕生日です。
いつか着ておられる時にお会い出来ると思います。


私が外出をした日は、昼寝をしても、母は待つことにくたびれ果てるのか、夜は早く寝たがる。

私にはやることがあり、早々母にと風呂を沸かし、一度潜り込んだ布団から、「お願いだから」と入るよう促し、そしてまた母は寝た。
小一時間も立たずに、コロコロと間の戸が開いたので振り返ると、母がお風呂用の白いゴム靴を持って出てきた。

「枕元にあった」と言いながら、トイレに行きがてらお風呂靴を戻していた。
クリスマスは近いけど、お風呂靴じゃ、 おやつも入られないよ。
最近ケンカばかりしており、 二人で笑ったのは久しぶりだった。

私が出掛けて一人になると、寂しいうさぎになるのか。
言われると母はうさぎ年だが、いつもお腹を空かせ、たくましい。


今の部屋は窓が多く、何か掛けられる壁は少ない。
今年の年末は、土手で摘んだ野ばらの枝でいいではないか。
先日、自分の作った物を見てもらっている友人作の一輪挿しで、悦に入っている。
小さなハウスが並べば、温かな家の想像が膨らむ。
『大草原の‥』の学校にもなってた教会にも似てやしないか。



ベストのお直しが届いた。
襟ぐりの糸切れが3箇所と、よく使う第4ボタンホールにも。

お直しは、見た時にとにかく手を付けないと本気になれないことは、よくわかっている。
集中しないとできなくて、間を置くと今度は伸び伸びになると、散々反省してきた。

シェットランドヤーンは、ほとんどの色が定番なので、直す糸はすぐに見つかった。



きれいに着てもらっている。



直した後。










小さな傷を早く見つけてもらえてありがたいのは、こんな風にすぐに直せるからだ。

神奈川に住む彼女からの手紙を読んでみると、「昨日このベストを着て、自転車で5分の市民ホールでの矢野顕子のライブに行って来た」とのこと。
「私の嬉しい気持ち、彼女のゆらゆらとした風が染み込んでいるかもしれません」

ピアニストは歌うようにピアノに指が届く。
あっこさんは息をするように歌を歌う。
私もそんな風に編めたらいいけど、まだまだ自分で書いた製図と首っ引きだ。


このベストを制作したノートを手繰ってみると、2002年2月15日から編み始め、2月24日で仕上げている。
製図やパターンを決めて、実質作業を10日間で終えている。
編むスピードが面白くて、まだ何もわかってない速さだ。
どんな編み目が美しく、編み地として身に着けて心地良いのか。
袖ぐりは?留めは?

あの頃、注文をくれた方々には感謝申し上げたい。
注文が途切れず、今に続いている。

ベストを製作した当時、授乳中だった彼女も、今では手強い二人のお嬢さんのお母さんだ。

マリーナホップで使えるクーポン付き!の『A Letra』に、編み物クラブ取り上げて頂きました〜♪
かわいらしいお嬢さん方が取材に来てくださいました^^



撮影するための毛糸を選ばれてる姿が、かわいかったなぁ。
緑がお好きなんですって。
この毛糸にはいろんな緑があるんだよーーってね。

体験の彼女は、冬号掲載のために、まだ温かな10月に、厚めのセーターとマフラーで。
編み物初体験、お疲れ様でしたー☆
随分長い間、保留にしてたセーター、仕上げました。



この基本のデザインから、襟の高さ、袖の窄まり具合、着丈、裾のゴム編みの長さ、スリット入りでも、アレンジできます。
色は、ボーダーや切り替えでもお好みで。
その雛形となるセーターです。







前後ろなく着られるので、肘などの傷みも少なく、
擦り切れても全て筒に編んでるので、新しく編み替えができます。
袖口、裾がほつれても然り。

シェットランドヤーンは、ほぼ全ての色が定番として作り続けられています。
なので、何年経っても同じ色で編み変えができます。




首から肩、袖へと続きで編んでるので、腕の動きが妨げられません。
このセーターは、シェットランドヤーンの原毛色Moorit(ライトベージュ)と、Sholmit(ライトグレー)の杢糸で編みました。
染めの入ってない糸は、より柔らかです。

綴じ目なく編んであるのは、胴回りも動きやすく、体に沿ってセーターも動きます。
脇下にマチが入ってるので、袖が細めでも余裕があり、
そして何よりシェットランドヤーンは軽くてしなやか、暖かい。

日々の仕事着として。
例えば英国東海岸で、奥さんの編んだガンジーセーターをコットンのつなぎの下に着る漁師さんのように。

長く着続られて、変わっていくセーターを提案したかったのです。
いつかこのセーターばかりのオーダー会ができたらと。



カーディガンの仕上がり後、オーダー頂いてる方との打ち合わせが続いた。

先日の打ち合わせでは、出来たばかりのカーディガンを見て頂いたら、当初フェアアイルのベストの予定が、アランカーディガンに変更となった。
仕事の場面でも使えるカーディガンをお作りすることになり、
毛糸の色も最初は合わせやすい色で、だったのが、
話してるうちに、より優しく見える明るめの色となった。





先日はまた別の方との打ち合わせで、某ホテルのロビーに赴いた。

80歳のお医者さまは、先月お渡ししたベストを、その日から毎日来てくださってるそう。
お腹の辺りの編み地が少し手羽立っている。
(良いモケモケですね)
白衣の下にも、毎日着てくださってるそうだ。
手先が動きにくくなって、前開きのベストを、毎日そのまま被って脱ぎ着されてるとのこと。
その毛羽立ちは、ひと冬、ふた冬越え、季節が変わる頃、洗濯されたら、表面はさらに落ち着き、織物のように平らになる。
その頃には、その人の体により沿った形になってることと。
脇を継いでないのが、その訳だ。

自分は人と話をすると、大抵別れた後、「一人反省会」が胸の中で始まる。
相手の言われたことを思い出し、ろくな返事が出来なかった自分を、またいつも不甲斐なく思うのだけど、
反芻する相手の言葉の中で、後から輝き始める響きがあると、作ってる間、その輝きは増してくる。

自分の仕事はこんな風に、とても個人的に進み、ほんの一部の人としか関わることはない。
こんなので社会人として大丈夫かと思うが、それが与えられた環境ならば、その中で精一杯やるだけだ。



一昨日の水曜編み物クラブです。
みなさん編まれてます〜。

初めて針を持ち編み物を始めて数ヶ月の彼女が、お父さんのお誕生日に帽子を自分一人で編まれたそうです。
ゴム編みがうまくいかなくて、解いちゃったとのこと。
縄編みが入ってたのです。
家族も仕事もあって、やってみたかったことを、一人でコツコツと。
途中までの写真、感じよかったもの。
もう一度やってみましょう。
必ずできますよぅ。
遅れたお誕生日プレゼントも、お父さんきっとうれしいんじゃないかなぁ。

そうですね、編み物クラブの方々、みなさん良い方ばかりですよね。
私もそう思います。いつも励まされています。



最初は、生活のために始めた編み物クラブが、伝えることで自分がたくさんのことを学び得ていると、今はよくわかります。
ああそうか、私には学びが必要だから、クラブがあるのか。

そして自分の制作は、次の小鳥ちゃんのカーディガン。
新しいパターンを考えているところです。
日曜編み物クラブ、昨日はお一人の参加でした。
「大丈夫か、編み物クラブ」と危惧する気持ちもない訳ではありませんが、
日差しが温かく気持ち良い午後でしたから、そんな心配もいつの間にか消えていました。

セールブー手袋の指を編むのは難しく、しかもオリジナルパターンを引いておられますから、彼女が頑張るしかありません。
もちろん私も、最善を尽くす気持ちで待機しています。
ただボーッと見つめていても仕方ないので、私は私の仕事をしていました。




毎日のニットと、彼女の今日のニットです。
手を掛けた物が使われてるのを見ると、胸の奥にまで陽が差したようなじーんと温かい感覚が広がりました。
天気のせいだけかもしれません。(笑)

彼女の編み物、確実に進展があり、セールブー手袋の編み方も身に付けられたら、一生物になると思えてなりません。

微力ながら、応援しています。
フレーフレー。


編み物の進みは遅々としてるので、「今日より明日」と自分に言い聞かせるしかないのかもしれません。
なので編み物クラブも、大きな声で「どうぞどうぞ!」と言えないのですが、
それでももちろん「やってみたい」方には、とことんご一緒しますよ。
編み物クラブ初級コースにてご案内致します。

宣伝してみました。^^

仕上げ洗いも終わり、今日の天気に助けられた。

夜になり全ての用事を終え、机の前に座る。

いつも使う太めの縫い糸は、30番手のレザー用で、ひとつ付けてみたが、ボタン付けには気に入らない。
自分の道具入れから、ボタン付け糸の95番を手に取り、さらに母の糸箱を物色、94番を見つけるも、毛糸や裏ボタンに比べると若干色が明るい。
もっと濃いのはないかと再度探しに行くと、母の方から出してくれた。

145番、濃紺。
「よく覚えときんさい、145番。お母さん何回使ったか分からん」

はい、わかりました。
覚えてたら何かいいことありますか?
私、食いっぱぐれなくていられるのかな。

指抜きを嵌め、改めて仕事に取り掛かった。

しばらくメンズが続き、胸板や趣、仕立てのことばかり考えていた。
次は小鳥ちゃんのカーディガンだ。
帰って来い、私のガールズ。
かわいいのを作るのだ。


total : │today : │yesterday :