カーディガンの仕上げ、ボタンホールを縢る。(かがるって、変換で「縢る」って出たよ)

パリで日本人唯一のテーラーのメゾンを持つ鈴木健次郎氏は、かつて本場フランスで腕を磨くために望むアトリエへ、自身の完璧なボタンホールステッチのサルプルを見せ、働かせてもらえるようになったという。

ニットにもそんなボタンホールがあるはずと針を運んでいると、
時計が12時を振れた瞬間に、母が部屋から飛び出してきた。

早くお昼が食べたくて、それでも12時になるまで我慢したのだという。

母さん、暇なのか。
仕事は自分で作るものよと、教えたのは誰だっけ。

「鍋を火にかければいいのか?」「ご飯はどこだ」と、容赦ない。
朝、仕掛けたスープは、鍋帽子の中で仕上がっているだろう。

「今、ボタンホールしてるんだけど」と言うと、「ごめんごめん」と誤った。

母が服を作る時、ボタンホールに取り掛かると、手が変わるのを嫌い、全てのホールを一気に仕上げた。
そのために子供の私は、母がボタンホールの糸を寄り始めると、ひっそりと息を潜めたものだ。

だから、母も私が怒る意味はよくわかっている。
時間を考えていなかった私が悪いのだ。
諦めて、お昼にした。



母が縢るボタンホールは美しく、私は家庭用ミシンにボタンホールステッチの機能があることなど、大人になって随分経ってから知った。
『大草原の小さなお家』のローラ・インガルス・ワイルダーは、洋裁の腕を買われ、14才からシャツの縫製で稼いだ。
1時間に、ボタンホールを60数個仕上げそうだ。
母に話すと、「そんなことはあり得ない」と一掃された。
「本当なら相当いい加減なホールのはず」とも。
ニットにおける完璧なボタンホールは、まだわからない。
ステッチの中に芯糸を挟む方べきか、あまり分厚くなってはいけないし、芯になる糸の重なりは作ってある。

今回のボタンはメタルでジャケット使用。
裏ボタンには、光沢のあるイタリアンレザーを使う。

ネームは付けた。
ボタンは明日、仕上げ洗いを終えてから。



電車で少し遠出する。
車内でふと指先を見ると、ささくれだっていた。
家を出る前に、パチンパチンと爪だけは切った。
ヤスリをかける時間はなく。
爪くらい磨きたいと、もう夏から秋も終わろうとしている。


11月某日

母がお世話になっている内科の先生から母へ、ウールパンツのお直しがあるとのこと。
ボタンの卸屋さんに注文に行く帰りに医院に立ち寄る。
通りの裏側に公園があり、土手へと続いていた。
街中なのに人気がなく、しんとしている。






ウッディ・アレン映画で観たのはニューヨークの景色だったかと思い出そうとしても、オシャレっぽいことはいつだって言えないのだ。

今度はお弁当を持って来なくちゃと思う。
その時は、母を一人でうちに残しておくのだろうか。
母となら歩きで30分かかる。
一人で残すのか、二人で来るのか。
そんなことを考えながら、落ち葉の上に寝っ転がると、しばらく眠っていた。



郊外の住宅団地に住む頃は、時々天気のいい日に郵便局へ行く途中、道に転がった。
整備の行き届いた歩道に、人は歩いていない。
寝転ぶと空はぐんと広くなり、背中にアスファルトの温みを感じた。
そんなことで、日々をなんとかやり過ごしていたように思う。

こっちに越してから、道には寝転がれない。人通りは常にあるし、街には昼間、自転車に乗るおじさんがいる。
住宅地には昼間、自転車に乗るおじさんはいなかった。


11月某日

ウールパンツのお直しを届けに医院へ。
母は、昨日午後から仕事にかかり、さっさと仕上げてしまった。本人は気に入らないらしい。
それでも上がったものがうちにあると、いつまでも気にするので、お使いは他にもあり雨の中、カッパと長靴で出掛けた。

生憎、今日は公園に座れない。



公園は、細長く川下へと続いていた。



10月桜って言うんだっけ。




赤い実を口に入れてみる。
お腹が痛くなりやしないかとやっぱり吐き出した。
充電したはずの携帯の電源が、プチンと落ちた。


11月末仕上げの仕事に目処がついた。
もう一件の用事を終え、真っ直ぐうちに帰る。
歩数計は、9968歩だった。


11月某日

昨日のイタチくんが忘れられない。




自分をより客観的に見られる人は、人に対して優し過ぎる傾向にあるのかもしれない。
自分の心は無意識に押し込めて。


左右の爪の長さが違っていた。
右手は、先日切ったままの長さで、左手は白い爪が伸びている。その差は2mm。
職業的なものか。母も左右の爪の伸び方は違うと言ってたことがある。3日でこんなにも。
どこまで差がつくものが見てみたいけど、左手キャンペーンとして切った。
仕事は編み上がり、あとはひたすら糸始末だ。

ゴフスタインの新作が、友人より届いた。

ねむたがりかぞくは、わたしのへやばきにもすんでいるのかもしれないそうで。



私の部屋ばきは、えらくくたびれているのに、自分で作ったものだからツギを当てては繕ってしまう。
だからいつまでも履いている。
そんなことを言われたら、さらに変えるに変えられないじゃないか。



ゴフスタインの本の見開きには、必ず「・・・へ」と前付けが入っており、
この「ねむたいひとたち」の前付けは、「母と父へ」となっている。

離れがたいものが誰にでもあって、
年を重ねれば重ねるほど、それらのものは、自分に語りかけてくるようになるんだって。
それはまるで小さく宿る零れ種の枝木のように、頼りなく、実はそこここに佇んで、 ふと見る者の胸に火を灯してくれるのだろう。


拝啓、ゴフスタインさま
今日もあなたの本を両手で抱えています。



こんばんは。

赤い粉を入れたら、辛くなく赤くなるのね。
パプリカなら、少し甘いから、おいしさに深みも増すんだろうなぁ。
トマト缶もないのに、なんで作ろうとしたのか、自分でもわかりません。(笑)

学祭っていうと、すっかりHちゃんもお姉さんですね。
そんなに時間は経ってるんですね。


日記は、たまらず書いています。
子供の頃から、書くことで、

そんなことは、時々重なった休み時間に好きな本の話をしたYさんなら、よくわかってくれてますね。

空に紙飛行機を飛ばしてる感じです。
風を捕らえる方ではなく、腕がただ空を切って肩やっちゃう方の。

そうですか。
こちらこそありがとうです。

今も、本に関わる人との縁が何かしらあって、どうしようもない時、手を繋いでいたい気持ちになります。








うちを出て外で編んでいると、通りがかりの自転車が止まり、おじさんが、
「ええのができよるね。お父さんの?」
「仕事です」

「ええ仕事じゃね。女性らしい」

一応、「ありがとうございます」と答えた。

正直に仕事だと言う必要もなかった。お父さんのにしとけばよかったか。
「女性らしい」は、いらない。


午前中の用事から帰り、母に当たってしまい、外に出た。
ベンチがあるところは限れる。

益子焼きの皆川マスさんのことを、また考えている。



母がミンチを買ってきていた。 大豆の煮たのがある。
チリビーンズを作りたくなった。
チリビーンズを作っても良いかと聞くと、それが何かわからないけど、良いという。

ミンチを買ってきた母に、献立プランはなかったのか。



色の薄いチリビーンズが出来た。
本当のレシピに、何が入るのかよく知らない。あんなに赤いのは。


コロッケが食べたい。
ミンチを買った。
一人暮らしではコロッケを作ろうなんて思いもしなかった。
母よ。一緒に暮らしてくれてありがとう。

じゃがいものマッシュを朝のうちにしておけば、ハードルは随分下がる。

編み物クラブを終えて、いざコロッケを作ろうとしたら、パン粉がないことに気づいた。
母が封を開けて随分保管してたのを、処分したのだった。

仕方ない、ハンバーグにしよう。マッシュポテトは付け合わせだ。

ハンバーグにもパン粉はいるんだった。繋ぎに。
繋ぎ繋ぎになんかないかと探したら、お麩があった。これを砕けば、成分は一緒だ。

ハンバーグは出来た。
標高の高いのが。

コロッケはどこかへ行った。

改めて母に、最初のミンチの時に、本当にプランはなかったのかと聞くと、「ミンチを買ったのだからハンバーグが当然」と答えた。
昨日の編み物クラブにて。
完成した旦那様のセーターと。
色合わせからご自分で、方眼用紙に丸をつけるところから始められました。
濃紺と、グレーから生成りへの光を感じさせるグラデーション。

片袖をほぼ編まれ、もう片袖を編まれてるところで、袖付けや襟の目の拾い方の間違いに気づかれ、
私が躊躇してると、ご自分で決めてすっかり解き編み直されました。
なかなかできません。
それはもう、頭が下がります。
この一着で、フェアアイルの技法や何を気を付けなくちゃならないか、たくさん身に付けられたと思います。

ヘチマ襟では、変則的な引き返し編みを、二目ゴム編みをしながらの大健闘です。
理解し納得の行くまで、ここでも編み直しされました。



「今日は見返しの始末と、ボタン付けです」と、指抜きを新調して来られました。
針仕事に指抜きの使い方を身に付けておくと、助かります。




ボタン付けが終わったところで、着てみてくださいました。
体の大きな旦那様なので、「大丈夫か?」と、自分の製図を危ぶみました。
クラブのKさんが、「ほら、男の人は肩の位置も違うし、厚みで上がるから」
と助け船を出してくれ、そうだそうだと安堵しました。
「軽ーーい」この大きさでも軽いんです。
そしてあったかい、シェットランドヤーン。
仕上げ洗いをされたら、さらに見違わりますよ。
この大きさで、編まれましたからね。
もう何も怖くない。
どんなものでも編めますよ。

昨日の編み物クラブでのやり取りを思い出していた。

お一人がカーディガンの前立てに取り組む彼女に、確か「お正月には、着られますね」と言われた。
他の仕事を見越しても、きっと仕上がるだろうと。
彼女は「何もなく順調にいけば。何があるかわからない」と笑いながら答えられた。


いくら経験を重ねていても、何をやらかすか自分でも予想できない。
失敗したら、編み直す覚悟は決まっている。

なんの仕事でもきっとそうなんだ。
うっかりできない。
キリキリしてると、良い仕事にはならない。
平常心で。
ギュウギュウはダメだ。
鼻歌くらい歌わなくちゃ。
息抜きのタイミングについては、今のところ、まだわからない。

20代の終わり、編み物が仕事になるのかならないのかの頃に、病院で編み物クラブをやっていた。

病院に通う方、入院中の方、誰でもいらしてください。

毎週金曜午後2時

会費 200円


長くご一緒したおばあさんが、「自分だけには負けたくない」とよく言われていた。
何も取り立てた特技も見てくれもなく、誰にも勝てないけれど、自分にだけは負けたくないと、何度も編み直されていた。
わかりにくく間違え易ければ、自分で編み図を工夫して、必ず最後まで全うする。

大阪大空襲を幼子二人をおんぶし手を引いて、火の海から逃げ生きたと聞いている。

あの日々は、今の私を作ってくれてるんだ。


今日の編み物クラブです。
土曜日3名様、写真が撮れました。
人数の多い時は撮れないのです。

みんな多色使いの編み込みです。
ベスト、カーディガン、カーディガン。
右手も左手もせっせと動きます。



今日はまず、いよいよ前立てを編みつけるために、エキストラステッチを切り開いてオープンです。
ひつじちゃんベストは、彼女のオリジナルデザインです。




前立ての目を拾います。
数をきっちり合わせないと。



「ベストの袖ぐりの減目が終わったら、もうすぐだよ」
「本当に?」
「ほんとだよ」




手前の彼女は、ノルウェーの伝統的なセーター、ルーセコフタをカーディガン仕立てで編まれています。
黒地に白の「シラミセーター」も、シェットランドヤーンの原毛色「シェットランドブラック」で編むと、柔らかな印象となり、合わせる洋服の幅も広がります。




今日もありました。カープグッズ♪


味噌を仕込まねばと、夏から気になっていた。
味噌の瓶がひとつ開くと、ひと瓶分の味噌を作る。

秋から冬に仕込む味噌は、良い味噌ができるんじゃなかったけ。

昨日買った大豆と麹。
夕方再度、私だけ出掛けた間に、母は大豆全部を水に加していた。
おかずにも使えるようにと、大豆は多めに買ったのに。

今朝から、圧力鍋の大豆を火にかけた。
一度火から下ろしたがまだ固く、再度火にかけ、大豆はすっかり柔らかくなった。
おかずにする分は取り置かないとと、半分は冷凍用タッパーに、半分は用意した昆布と人参のさいの目切りで、昆布豆に煮付けた。

味噌仕事は母が、長年使い続けたかつて祖母が母に買った餅つき機を持ち出し、豆を潰し始めた。(餅つき機に潰せる機能がある。)

今までスーパーで買える米麹で、袋にある分量で味噌作りをしてきたが、今日は産直市で買った麹なので分量表はなく、ネットで調べた。

煮汁は別置きし、豆を潰す。
今日は、豆が柔らかすぎる程に煮たので、水分をたっぷり含んでいる。

麹と混ぜる。
煮汁と私が測っておいた塩を入れる。


母は、私が物心ついた頃から味噌を作っていた。
切らしたことはない。
母が交通事故で長期入院した時、一度だけ私が見様見真似で仕込んだ。
「あの味噌はダメだった」とは聞いてないので、一応うまく発酵してくれたのだろう。

この10年位、味噌を仕込んですっかり茶色になるまで、ビー玉をビニル袋に入れて重石とした。
重石をしたら良い味噌ができると私が聞きかじり、ビー玉を大量に買ったのだ。
大きなタッパーに入れた大きめのビー玉は、だから大切に新居にも運んだ。

母が、大きな果実酒用の瓶に、大豆と麹と塩を混ぜたものを詰める。
詰めた塊の上には、塩を絨毯のように敷き詰める。
その上に重石をするんじゃないのか?と聞くと、そんなことしなくても大丈夫だという。
ラップもしないのかと聞くと、塩がしてあるからいいと言う。
もっと平らにならさなくてもいいのと聞くと、すっかり平らにしてあるという。
麹と塩で少々のことは、なんとかなってくれるのだろう。

私が取りおいた冷凍用タッパーのが、空になっていた。
冷まさないと、冷凍庫には入れられないから、避けておいたつもりだった。
母に聞いてみると、全て味噌の中と言う。
(豆カレーにしたかったのになぁ。)
大豆の分量は増えている。
塩を足さなくては?
取り置き用だったことを告げると、少々割合が変わろうと構わないとのこと。
何を言うとるのだ若者が、と言う目で私を見ている。

少々のカビはその都度取り除けばいいとネットに書いてあった。
重石せずに味噌を作っていた時もあったのだ。

母が味噌の瓶を抱えようとしたので、私が変わって流しの下に突っ込んだ。
瓶の熱がすっかり取れているか、母が再度確認する。

あと何度、こうして一緒に味噌が仕込めるだろう。
数日続いた雨のせいか、靄のかかった光が午後の台所に届いていた。


total : │today : │yesterday :