5月の初めに、昨年の公演延期となったスピッツのライブへ行った。
初ライブだった。
始めてスピッツを聴いて、当時勤め先の近所であった四谷三丁目、老舗CD店「好音堂」(のち、「空耳アワー♪」でネタにされる店、お気に入りの場所だった)
にて、アルバム「ハチミツ」をあの頃には珍しく衝動買いして、
あれから20年だ。

あの頃は、東京一人暮らしで、生活に余裕なく、ライブへはいつか行けたらと思っていた。

広島に帰って来てからは、すでにスピッツライブは、チケット購入が難しくなっていたし、私自身が、違う意味で、余裕を失っていた。

今回は、知り合いの方がスピッツのファンクラブに入っておられて、一緒に連れてってもらった、という訳だ。


さて、20年越しのスピッツは、、、
瑞々しかった!
ロビンソンのイントロが流れてきた時はクラクラしたし、全く当初の歌い回しと変わらずに淡々と歌うマサムネさんを、拝みたいような気持ちにさえ、なった。
歌い手はこうあって欲しい。

途中持ち替えたギターが、あの当時、私がなけなしの貯金で買ったアコースティックギターと似ていて、涙がぼたぼたと出た。
そのギターは、今の仕事で独立する時、身の回りを最小限にしなければと、手放したのだった。その時のことを思いだしていた。


勝手な感傷まで引き出されたスピッツのライブ、本当に良かった。
ファンの方々もかわいらしい女子が多く、年齢層の幅も広い。
男子も多い、柔らかい雰囲気の。

おかげさまで、ほぼ、全ての曲を一緒に歌えたし、
20年前の気持ちと、今に続く自分の道程を行ったり来たり、させてもらった。
感情までも、全くあの時のままに思い出せる、20年経っていても。
年を重ねるとは、こういうプレゼントが、思いがけないところでもらえるものなのだと、初めて知ったような気がする。



渋谷系とはほど遠く、御使い先の新宿区
内をぐるぐる回る日々だった。


行って来ました、江田島☆
19日土曜日、晴れです。
宇品からフェリーで上陸後、まずは切串港売店の2階、「カフェおくの」にて、腹ごしらえ♪

パンランチ。江田島の友人が頼んだなが、こちら。


日替わり定食。市内から参加の私達ががっつり食べたいと頼んだのがこちらです。



おかずがのっている器の焼き物も、この店の主人奥野さんが手掛けられています。
パンも、自家製天然酵母パン、しっとりモチモチです。
定食のいろんなおかずも全部おいしいのです。

緑眩しい島のドライブののち、海友舎到着です。


市内から参加チームは、まず建物見学しました。

さて、ぐるぐる海友舎プロジェクトkaiyousya.com
の、
ぐるぐるP手芸部に、出張編み物クラブの始まりです。


編み物自体初めての方もいらっしゃいましたけど、皆さん、最後まで頑張られました。

こちらは、上級者のワークショップ、フェアアイル編みのピンクッションです。



おやつ時間は、海友舎プロジェクトの方々と一緒に、テーブルを囲みます。
手芸部部長Oさんお母様お手製のしっとり爽やかな甘夏ジャムのシフォンケーキ、また友人がコーヒーメーカー持参で頂いたコーヒーの、おいしかったこと!




ぐるぐるP手芸部は、毎月第3土曜日の午後に、ここ海友舎にて、物作りならなんでもオッケーで、参加できる部活動です。
なので、部員の方々の普段作られている、例えばタティングレースや、アクセサリー作りの話など、聞かせて頂きました。市内チームも、手作り熱を煽られます。

また、毎月第一日曜行われる海友舎清掃活動で、この建物も歴史も保たれています。
5月24日25日には、「ぐるぐるしましまあるある」なるイベントがあるそうです。



帰り道、アタッシュケースをまっすぐに持ち、眩しく白い詰襟制服の青年とすれ違いました。
うっすらと笑顔を浮かべて、会釈をしてくださいました。
襟足もスッキリと、今時滅多に見ることない清々しさに、一瞬時代がわからなくなるほどです。
彼がどんな思いで、自衛隊を目指されたのか、尋ねてみたくなりました。
そして、自分がいかに近代日本史を学んでないか、否が応でも自覚させられます。
1888年に、海軍兵学校が築地から江田島へ移転した際、江田島の人々が、受け入れ、その後も、自分達の島で、自衛隊の新星達を育てているという自負を持ち続けておられらとのこと。
通りのあちこちに、厳しい訓練の中、休日を寛ぐための「下宿あります」の看板が見受けられます。


さりげない横の繋がりに、つかの間、その輪の中に入れて頂いたような一日でした。



3月にお渡しした、ソフトキャスケットです。素敵な彼女に、早速被って頂きました。
今までのHOLY'Sのキャスケットは、コップを逆さにしたような形でしたが、
この新作のキャスケットは、ベレー帽を少し変形させた柔らかい雰囲気です。

着想は、児童作家リンドグレーンの、エミール君が「僕のハンチング帽!」と呼んでいるお気に入り帽子だったのですが、ワンピースや、スカート姿の女性的な洋服にも合うようでして、とても嬉しい。

これから、いろんなコーディネートを見せて頂けたらと思います。


納品が続いている。広島のお客様は、可能な限り、直接お渡しする。
お渡しの日を約束して、実際身に付けてもらったのを見るまでの、ドキドキする感じを、いい加減、もうどうにかしたいと思うが、さっぱり落ち着くことはない。

レッグウォーマー、見本では、グレーがかった生成りを履いて頂いたが、お客様のリクエストにより、配色バージョンです。
黒っぽい装いの多い方ですけど、レッグウォーマーメインの色は、優しいグレーを選ばれたので、相性の良いベージュを、ポイントにしました。


今回新作のソフトキャスケットのオーダーです。
イメージは、リンドグレーンのお話に出てくるエミール少年が被っている帽子です。
彼女は、もういくつかHOLY'Sの帽子を被ってくださってますが、いつもちょっと斜に被られるのが、いつも素敵で、嬉しくなります。

今月始め、江田島へ行ってきました。
年に一度、あるかないかと言われる濃霧による相次ぐフェリーの決行で、港の改札前で右往左往しましたが、
江田島の友人のナイスタイミングな電話にて、無事高速艇にて、上陸できました。

島の友人ですら、「真っ白〜」と、写真を撮っています。

「江田島で百年の歴史を刻む洋館、海友舎が、今はじまりの場所になる」
ぐるぐる海友舎プロジェクトの、手芸部に仲間入りします。

海友舎とは、1888年に、海軍兵学校が築地から江田島へ移転してきた際、そこで働く兵士や下士官用の娯楽兼福祉施設として建てられ、その後民間に払い下げられながらも、使い続けられた、歴史的にも貴重な木造建造物です。


日時は、4月19日(土曜)午後1時から。
編み物クラブから、指人形、珈琲豆コースター、フェアアイルピンクッションのワークショップで、参加します。

市内からの参加も大歓迎、この建物を体感できます。
海友舎については、こちらをご参照ください。


お頼みすれば、南川さんが、建物のあちこちの魅力を説明してくださると思います。


いつもの編み物クラブの方々、ご自分の編み物を持ってのご参加もありです。
ワークショップ参加希望の方は、受講料3500円(材料費・道具込み)
ご自分の編み物での参加受講料2500円

受講料の一部は、海友舎運営費にさせていただきます。

参加ご希望の方は、どうぞご連絡ください。

早めに島へ、フェリーで上陸したら、切串港前の、「カフェおくの」で、腹ごしらえします。モーニングも食べてみたいし、ランチをしっかり、もいいんです。
3月の土曜日の編み物クラブは、諸事情により、第3第5、15日と、29日になります。
ご了承ください。
まだ、空きはあります。
よかったら、いつでも編み物クラブ、ご利用ください。

やっと長野への最終便を送った。
この度は、新作レッグウォーマーの注文が続き、思いがけず時間がかかっている。
お待たせしている方々、申し訳ありません。
試作しながら新作を作り、個展で見て頂いて、注文を受け、改めて制作に取りかかると、思わぬ発見があり、手こずることがある。
今回においては、自分はこの先、レッグウォーマーに限り作り続けても、決して飽きることがないとさえ思える。
靴下と、レッグウォーマーに特化した編み物屋になってもいいと思う。
食えるだろうか。

「手袋展」をやった時は、手袋編み屋になっていいと思った。
次の年は「帽子展」をやったんだった。。


年末に、「恋するフォーチュンクッキー」から、『悪女時代』に続く驚きについて、ここに記した。
年が明け、友人からの賀状に、「悪女時代、私の友達がダンス教えてるんですよ〜」とあり、またさらに驚かされた。
「悪女時代」を初めて見た時、自分が楽しんで、微笑ましく感じていたことにも、驚いていたのだ。
以前の自分なら、近いステージで、歌ったり踊ったりしているのは、青臭いような気がして、見ていられず、大概足早に、その場を立ち去っていた。
今思えば、何も定まらない自分からしたら、小さくとも自分の場所を得ている彼らは、眩しすぎたのだ。

昨年末に「悪女時代」を見て思ったのは、むやみに高望みせず、それでも自分の好きなことを追い続け努力していたら、いつかは夢は叶えられ、年齢に関係なく輝いていられるのではないか、ということだ。
そりゃあ、もちろん、彼女達だって、多くの人達が憧れるように、大きな舞台に立てたらどんなにいいことだろう。
でも、それにはどんなに努力しても、どうにもならないことが、ある。

それでも、好きで諦めない限り、あらゆることを受け入れつつ、やれるだけのことはやれるんじゃないかと。
そしてその姿は、周りの人をほんのりと明るく照らしてくれる。

だってさ、ダンスって、今回改めて顔でも踊るものなんだと感心した。顔でも踊ってる人には、引き込まれる。
歌は、あまりに感情入れられると、聞いてる方は付いていけなくなるけど、
踊られる方はぜひとも、顔でも大いに踊って頂きたい。
回りは幸せになりますので。


注)本文とは関係ありません。

今日は、鏡開きで編み物クラブの日だった。
朝のうちに鏡餅を割って水に浸けて、小豆を炊いた。
丸餅はもうすっかり食べてしまい、お客様用なんてないので、編み物クラブのみんなにも、鏡開きに付き合ってもらう。
クラブの終わる時間を見計らってお餅を煮て、ぜんざいを温めた。珍しくそんなことが慌てずに出来た。ありがたい。

お餅が戻りきらず固いところもあった。
お付き合い頂いてありがとう。
昨年は、いつもお世話になってる大切な友達に来てもらったんだ。

季節の行事がささやかにでもできると、ふっとその一瞬だけでも落ち着きが取り戻せて、嬉しい。


長野へ、第2便を送った。最寄りの郵便局はまだ正月休みだったので、少し歩いて宅急便の営業所へ向かった。

荷物を預けて、帰り道に神社へ。
ここは三日でも神主さんがシャンシャンしてくださる。お参りしたら、
「お餅を持って帰ってください」とのこと。
お神酒をついでくださり、紙袋に入ったお餅を頂いた。

実家最寄りの山の中の神社だと、31日から1日になった夜にしか、お神酒は振舞われないから、さすが街の神社だと、
私の地味な正月に花が添えられたように、嬉しい気持ちでうちに帰ると、
机の真ん中に、荷物に同封するはずの用紙が。メモもつけたのに。
自分のうっかりにガッカリだ。

お電話連絡もするから、お伝えもできるけれど、口頭からメモを取ってもらわなければならないのは、申し訳ない。新年から締まらない。

なんで荷物をまとめる時に再度確認ができなかったのか。相変わらず、事務的なことはダメダメで、しばしボー然と、動けないでいた。
今年の心掛けに「指差し確認」を加えたい。


神社で頂いたお餅は、注意深く焼いて、里芋入り味噌仕立ての、実家では決して出ることのないお雑煮にして食べた。
元気で一年暮らせますように。

total : │today : │yesterday :