HOLY'Sオーダー会、キャンペーン中です。(笑)

制作は大真面目です。こちらっ。


高野町のお客様より、緑のセーターから2年後、カーディガンのオーダーを頂いた。
4月の頃、高野町の山々の桜満開なピンク色カーディガンを、とのこと。

パターンはすぐに決まった。
胸までは、リスのベストに使った木のパターンを配置、胸の切り替えに八芳星。
可愛過ぎず大人の女性が着る桜満開のカーディガン。

イメージはすぐに決まったのだけど、配色では、正直時間がかかった。

ピンクをベースにしてそれより淡い配色にすると、ベイビー服のようなファンシーでラブリーに寄ってしまう。

いろいろ試して、ピンクをペールピンクではなく、霜降りのピンク(Dog Roseという色)にしてみたら、道が開けたように配色が決まっていった。
落ち着いて、すがすがしくさえなったことを覚えている。



ボタンは、白の貝ボタンで写真ではわかりにくいけれど、控えめに花びらの形に刻まれている。
ちょうど、自分のボタンストックの中に、このカーディガンのためにと取っておいてたように。

仕上がってお送りしたら、喜んで頂けて、自分ととても嬉しく小躍りしたのだった。

このカーディガンに取り組んでいる最中、街でマリメッコの生地を見かけた。
比べるのは大変おこがましいのだけど、
つくづく自分は、日本人で、霞がかった風景を見続けてることを自覚した。




こんな写真も出てきた。


3年前か、鏡開きと編み物クラブが重なり、うちの鏡開きに付き合ってもらって、みんなでぜんざいを食べた日のことだ。



偶然、居合わせた友人と友人が、HOLY'Sのベストを着ている。

こんな風にひとりひとりの日常の一着になれたらと、心から思う。

二人してデニムシャツと重ねてるところも、たまらない。

またしても前に撮った写真、旧式デジカメ(薄いカードの)現像シリーズです。


原毛色での、この柄この配色で、ヘチマカラーのカーディガンのご注文を頂いた。
長野でのこと。
オーダー頂いた女性は、シェットランドヤーンで編まれたセーターをすでにお持ちで、その暖かさをご存知でした。




このパターンでは、これより前に3着作っている。
前開きベスト2着と、大判のショールだ。
http://holys-knitting.com/works.html
(2010年の『巻物展』を見て頂けたらと思います。)

試し編みを作っていた時は、自分のカーディガンとして考えていた。
展示会の折、幾つかの試し編みの見本として置いていた中で、別々の友人がこれを気に入ってくれて、オーダー頂いた。
お二人とも、お揃いのように前開きベストだった。
お一人は水牛角のボタン、もうお一人は今は製造していない木のボタン。
ボタンが変わるだけで、水牛角ボタンは大人っぽく、木のボタンは可愛らしく仕上がった。

さて、問題はヘチマカラーだ。
ニットでのヘチマカラーは、幅広のゴム編みで、折の部分はゴム編みの長所を生かして襟の仕様となる。
しかし、シェットランドヤーンで編むフェアアイルでは、その薄さと裏と表があるために、ただその形に編むだけでは事足りない。
このことは、フェアアイルの大先輩佐藤ちひろさんから学んだ。

薄い台形の台襟を編み、折れる襟は裏表を逆にして丸いカーブを作りながら編んだ。
ここは、洋裁の仕事をしていた母からだ。


この試し編みは未完であり、本番では、幅広の柄に濃淡を作っている。

自分のカーディガンは、まだ出来ていない。

おかげ様で、最近会ったそれぞれの友人から、前倒しでオーダーを頂いて、嬉しい限りだ。



2年前に京都に転勤となった友人が、里帰りの際、うちに寄ってくれた。フットウォーマーを注文したいと言う。

もちろん喜んでと、フットウォーマーの編み込みパターンと毛糸を選んでもらった。

京都の冬は噂通り、底冷えがして寒いという。
仕事中、足元が寒くて敵わないと、昨年の冬に、私の手元にレッグウォーマーのストックはないかと連絡をもらっていた。
あいにくその時、ストックはなく、残念ながらと返事をしたのだ。

会社の中で上の立場にもなり、居残りのデスクワークも増えているだろう。夜のペチペチと音のするあの床は、それはひんやり凍える冷たさだ。

今回ちょうど、こちらに帰るタイミングとオーダー会のお知らせが重なり、次の冬に備えたいと言う。

予定と予定の合間にうちに寄ってくれ、限られた時間の中で確実に自分の色を見つけ、次の約束へと向かった友人。

次の朝は早くから、出掛けなければならなかった。なのにふと、昨日のことを思い返し、涙が止まらなくなってしまった。
準備の手が進まない。
なんだよ、出かけられないじゃないか。
季節を超えて、覚えてくれていたことが嬉しくて堪らない。
こう書いている端から、また鼻の奥がツーンとしている。


今年の夏は、この友人を始め、また別の友人、友達のを、ひとつずつ編もう。どれもどの人へも、とっておきのお似合いになるように。
夏のイベントなんて、何にもいらない。


こちらも、5年前にオーダー頂いたフェアアイルセーターです。

ご縁を頂き、広島でのりんごの産地、高野町にお住まいの女性に、「大好きな緑で丸首セーターを」とオーダーを頂きました。
年上の方に失礼ですが、小柄で可愛らしい方です。


緑と一口に言っても、シェットランドヤーンでは、微妙な風合いも入れると20色以上あります。

まず、基本となる緑を一色選んで頂きました。
選ばれたのは、「Tartan」(今、改めて「タータンと認識しました。ずっと「ターザン」と思ってました)

それを地色に試し編みを作り、郵便でお送りして、確認頂きました。




混ざり糸の濃淡の緑が何色も入り、花模様の白がより際立ちます。

襟口と袖口には、ご本人のお気に入りのセーターと同じ仕様でとのこと。
2色のゴム編みの上に、一色のメリヤス編みを重ね、くるんとなります。
これだとゴム編みも締まり過ぎず、セーター自体も柔らかい雰囲気になるようです。
サイズはゆったりめではありますが、9号よりわずかに小さいサイズです。



高野町にはまだ行ったことがないのです。あの辺りは広島でもブナの原生林が残るところと、何かで読んだ覚えがあります。
本物の緑を見たら、また違うパターンが作れるのかと考えて、
ならば、まず足腰鍛えておかないと、と強く思う今朝でした。




数年前に作った作品の紹介が続くのは、今の所に越してきて、最近やっと近所にフィルム現像をお願いできる店が見つかったからです。

そしてその写真をさらにスマートフォンで撮るという、きっとやっちゃダメな感じのことをしています。
平面的な写真であることをお許しください。



6月20日からのオーダー会で見て頂けるよう、ブローチをご用意してみました。
前に「ブローチ試作」としてここで紹介したものです。




フェアアイルブローチ 4320円
今回は、ブローチを作りました。

前回は、帯留めも作りました。

ブローチを帯留めとして使える台もありますので、それがご入用の方はお申し出ください。
ただ、その台を使った帯留めは、プローチのピンを通すので、その帯留め自体は、パカパカします。


帯留めがご希望の方は、改めて作ります。


オーダー会につきましては、こちらをご覧ください。


作品を見てみられたい方も、事前にご連絡頂けたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

長野の展示会にて、駒ヶ根市で地元伝統の伊那紬の織染会社で、着物になる反物や帯の織手として勤めておられる女性から、織機に向かうための靴下をオーダー頂いた。
もう4年前のこと。

足で縦糸を動かす踏み木を2本、花織りという織模様なら4本を両足で踏み分けながら織られるので、私が作っていた中敷や皮が貼ってあるルームシューズではなく、重ね履き用の靴下が必要とのこと。

工場(こうばと言われてた)は、古い建物のため、冬はとても寒く、部屋の真ん中に大きなストーブがあるだけ。
エアコンはなく、夏は開け放した窓に扇風機が回るのだそうだ。




ボタンがついたデザインと、色はリクエスト頂いた。
スケッチブックに足をのせてもらい輪郭を写した。

糸は2本どりで、分厚くなり過ぎず、しかし3号針で目を詰めて編んだ。

その時作ったルームソックス。





このルームソックスについて書いてみようと、改めて昨日お電話でお話を伺った。
朝8時から夕方5時まで、昼休憩を挟んで
実質8時間、織られているとのこと。今年で、丸8年。
作業の合間、ポットに持参した飲み物を口に含んで、集中力を持ち直すとのこと。
「肩や首をぎゅー、ぎゅーって縮めて伸ばしてしながらね」

踏み木を操るのは、つま先だけ使っていると痺れてきて織地に影響される、足全体で踏む、それは続けてきてわかったこと。
縦糸が切れた時や、糸替えの時は、その間、踏み木を抑え続けなければならない。

そんな日々の仕事の中、この靴下を寒い長野でのこと、10月から4月まで履いてこられて3年を越した。

まだ全然傷んでなく、修繕も必要ないとのこと。
以前使っていたアクリル製のルームソックスより、あったかいそうだ。


織機に体を入れて、姿勢を正し、手も足も動かして織り続ける、なかなかの体力仕事なのだと改めて感じる。
まだまだ話尽きない中、他の電話が入り、慌ただしく彼女との話を終えた。

またきっと会いに行きますね。

その時まで、私ももっと良いものを作れるようになってたいと思う。



注)写真は、一眼レフのフィルムカメラの写真を、さらに撮ったものです。
ご了承頂けるとありがたいです。


エーデルワイスのブローチのオーダーを頂きました。

制作しながら、どんな風に作るのか追ってみます。

まずそれぞれのパーツを編みます。






ブローチのシャワー台に、滑り留めのスウェードを乗せ、パーツを縫い留めていきます。
真ん中から、裏ボタンで高さを出して。






ピンボケ失礼します!



ここから作業に集中して、写真を撮るのをすっかり忘れました。(笑)



全部留めてました。



糸の留めを木工用ボンドで固めておきます。一晩明けました。

シャワー台とピンとを合わせて、爪をペンチで固定します。



出来ました。



写真は、オーストリアの編み物の本です。エーデルワイスは、オーストリアの国花なのだそうです。
そうか、映画『サウンド・オブ・ミュージック』でトラップ大佐が歌ってましたね。

ちなみに花弁に見えるのが、葉が変形した苞葉で、実の様なのが開いて花になるそうです。

元々ピンブローチとして作りましたが、今回はお客様のリクエストにより安全ピン使用に作りました。
ピンブローチだと、もっと盛り上がった感じになります。

私はアクセサリーはあまり作らないので、部品についてもっといい物があったら、教えて頂きたいです。



本物のエーデルワイスに、いつか会いに行きたいなぁ。

もう長く冬の間、私が作ったベストを着てくださってるお客様から、ベストのお直しを、とのこと。
届いた荷物を開けると、見慣れたベスト。
本当に寒い季節にその方の事務所でお会いすると、ほぼそのベストを着てくださってるからだ。

奥様から、替えのベストもご注文頂いて、もう2着作っている。
でも、この紺色と編み込まれた柄の色合いが、一番しっくりこられるのか。
落ち着かれるのだろう。

お直しは、ボタンの付け直し。
ボタンが裏ボタンごと、取れたものの同封があった。
ボタン付けの糸が解けることはなく、編み地が痛んで裏ボタンごと取れたのだ。

作った時に付けた裏ボタン。


牛皮の一番柔らかいヌメを丸く打ち抜いて裏ボタンにしていた。
この頃は、それが一番いいと思っていたからだ。
しかし、毎春ごとの洗濯にさすがに硬化している。
この硬さが編み地破けの原因になってないか。
男性でもあるし、片手でボタンの開け閉めをなさると思うので、力がかかることは仕方がない。

破れた編み地も、柄に沿って新しい糸で模様を入れ、補強した。

その上から、ボタンを付ける。
裏ボタンは、スウェードに替える。

前回のボタンの付け替えたのもスウェードにしていた。


他全部のボタンもスウェードに付け替えることにする。

襟ぐりの幾箇所のほつれも、ついでに直す。
一箇所、見覚えのないほつれ直しがあった。
襟ぐりの縁から柄のほつれが全て紺色で埋められてある。
後でお聞きすると、いつもお願いされるクリーニング屋さんの手の物ではないかとのこと。
ベストのクリーニングを、私がする年と、他の年にはクリーニング溶剤で糸が痩せないようにと、手を掛けてくださるクリーニング屋さんに出してくださってるのだ。

クリーニング屋さんの仕事にも、頭が下がる。

お直しを全て終えて、よく晴れた日に洗濯を終えた。







体の大きな方なので、ベストがうちのハンガーが合ってないのです。

次回のお直し、きっとまた一番擦れる襟ぐりの、別の所がほつれたら、その時は襟ぐりごと編み直します。

調べてみると、2005年の制作だった。
襟ぐりのほつれは、自分の腕の未熟さも否めない。

長いことありがとうと、糸へなのか、着てくださってる方へなのかわからない気持ちだ。



最近の編み物クラブ、フェアアイルに挑戦中の方々、オンパレードです。



薄淡い黄緑、綺麗な緑と、ハイライトに生成りを使ったクルーネックペスト。


混ざり色の緑に薄淡い黄緑、2色でも奥行きを感じるパターン。
前開きのベストになります。




原毛色の5色を使ったペスト、伝統的なパターンで。
脇下まで編んだところです。



私は、みんなの後ろで無言で旗を振ってるしかありません。


脇まで上がるとエキストラステッチや減目など、独特の技法に慣れるまでは難しく感じられるかもしれません。
何度か間違えても、ほどいて編み直す思い切りの良さに、こちらも背筋が伸びます。

でもここまで編めたのだから、きっと大丈夫。
これを着てる自分を妄想して、乗り切れることと思います。

ボタン選びもね、楽しいです。

total : │today : │yesterday :