AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』という曲を踊るのが、どうも老若男女で流行ってるらしい。
ラジオ番組のリスナーの投稿では、70才のおばあちゃんも忘年会だかで踊って、大ウケしたそうだ。
パーソナリティの水道橋博士も踊りを覚えて年末にはお披露目するとのこと。
なんだ、それは?

編む手を一瞬止めて、二ヶ月前より使うこととなったスマホに手を伸ばす。
動画が見られるんではないか。。

観れた!
このキャッチーな曲。そしてセンターの女の子は誰だ?踊りはキレキレだし、合間で見せるキメ顔が、めちゃかわいらしく、悩ましいようなドキドキしちゃう表情を、バシバシ決めてくるのだ。
優子ちゃんでもまゆゆちゃんでもない。
そんでいろんな都道府県バージョンがあるらしい。
???

しばし釘付けになってしまった。
スマホの使い手となって調べてみると、センターの女の子のことも、なぜ各地都道府県バージョンがあるかもわかってきた。
こういうのってある周期で巡ってくる、ヒットチューン♪
アルゴ体操じゃないけど、う〜ん、具体的な例は思い出せない。ピンクレディーじゃ、古すぎる。

次の朝、手掛けてる編み物のことがどうも気になって、目が覚めてしまう。ラジオ深夜便時間だった。『恋するフォーチュンクッキー』がまるで目覚ましBGMのように頭の中で鳴っていた。。
すっかりやられてる。たった二回観ただけなのに。

そして昨日の夕方、早足で買い物に行っていると、フレスタ入り口に作られた舞台で、女の子達?と思ったら私と同じ位かさらに年上の妙齢の女性グループが、サンタガール衣装でAKB48を踊っているではないか。
またしても訳が分からず、釘付けにされていると、そのグループは、どうやらローカルアイドルで、アラフォーの「悪女時代」というユニットらしい。応援グッズなるうちわも自ら販売している。

常日頃、私より少し年上の、バブルを経験された方々が今だに放つキラキラを感じてはいたが、ここでまた見せ付けられた気がした。
そうしていたら、例のキャッチーなイントロが。
うわ〜〜『恋のフォーチュンクッキー』をメンバー総出で踊り始めた。
観客側も踊っている。

世の中、そんなことになってたのか。。

長野へのご注文分第一便を送りました。すっかり写真を撮るのは忘れました。第二便も近々送れるよう、編んでます。




模様編みのレッグウォーマーばかり、連続で編んでいる。4組めがあともうちょっとで編み上がる。
仕上がりの大きさを確認しながら、
今日はここまで、今日はここまでと編んでいると、今日はいなり寿司が食べたくなり、大急ぎで作る。
午前中のNHKラジオで、パーソナリティの津田大介氏が、いなり寿司が嫌いと言っていて、それには賛成できないなぁなどと考えていると、すっかり口がいなり寿司になってしまったのだ。
すし飯は、浸けてあった玄米と、小豆をそのまま炊く。
普通の油揚げで作ったので、巨大いなりとなった。


塩分も糖分も充分摂ったので、また張り切って編みます。


個展終わりの用事に奔走する日々が続いている。
作ることの他に、個展準備にかけた時間だけ、片付けにもかかるということか。
今回は、ディスプレイにも毛糸をたくさん使ったので、元の位置に戻す量も多い。
同時に棚のホコリも落として、周りも拭いてと、やっているとキリがない。
色でまた分類して、右の物を左に、左の物を右に。
これだけはやっておかないと、作り始めるにも支障をきたすし、次に何が必要かの確認にもなる。
「困るのは自分、自分のため」と言い聞かせながら作業を続ける。


次第に無心になり、気持ちも良くなってくるのだけと、お客様の予定があるのにも間に合わず、ガタガタのままお迎えしてしまった。

今朝は寒かった。昨日の続き、あともう少し、とまた自分に言い聞かせている。


個展が終わり、部屋の掃除とか、編み物クラブとか、風邪引きなどあり、正直まだ放心状態です。
原毛展、その地味さ加減に、果たしてどうなることやらと、始まるまで不安でしたが、私が原毛で作品を作る時のときめきを、感じてもらえたのかもしれないと、今は安堵しています。

長野のna-na分室、広島のcasicoの店主やスタッフはもとより、足を運んでくださった方々、ありがとうございます。
私は、何処を向いて、お礼を言えばいいんだろう。
この気持ちを、ちゃんとお返しできるんだろうか、と途方にくれてしまいます。
カワムラタマミ著『からだはみんな知っている』ふと開いたその本に、「今の自分にできること、それは、その人の永遠のファンクラブを結成することです。…そして、いつか自分なりのやり方で力になれるように、自分も力をつけていく決意をすることが、まわりまわつて恩返しにつながることでしょう。」
と、ありました。
この文章を読んで、少し救われました。そして、私は絶対にこのことを忘れてはならないと思います。

病み上がりな昨日の夕方、お隣から、かぼちゃの煮物が届きました。
casicoでのワークショップ、やりました。ドングリペンダントです。
小さいので、最初は皆さん難しかったようですが、丁寧に、仕事を進めて、仕上がりました。
お母様を待たせていたMちゃんの作品は、仕上げたらすぐに帰られたので、写真撮影に間に合いませんでした。


皆さん、自然と今日の装いに似合ったドングリの配色を選ばれました。

16時からのチームは、仕上がり後、身内話にすっかり花が咲いてしまい、うっかり撮影は忘れました。
みんな、すぐ胸にぶら下げてくれたこともあり。
嬉しい限りです。

明日、一時からのワークショップには、あと4名入れます。ご希望の方は、一時より少し前に、個展会場に、いらしてください。

個展も中日、長野から考える徒終盤に入りました。


毎日思いも寄らない出来事が、あります。今日も、昨日も、一昨日も。

昨日より、広島での個展始まりました。


会場が、改装されてました。前より、さらに、小部屋か、基地のような雰囲気で、木の香りもふんだんに、リラックスできます。




お客様に、試着して頂きました。

新作のレッグウォーマー、試作のです。
こんなバレエシューズも、履けます。
靴下のつま先と足首の痛み易い部分
はなくして、足首が覆われているので、あったかいです。
即売の他、長さも調整して、オーダーもお受けします。


いくらお焼きを一辺に三つ食べちゃう位、長野が好きでも、血は争えず、口を開けば、「…じゃけん」と言ってた訳で、
長野の友人、「ほうねー」ではなく、「そうなんだねー」と答えてくれました。

広島に帰って参りました。
明日から、casicoでの展示です。

キッチンカシコのお昼ご飯、おいしいです。魚のおかずがたまりません。つい、「いただきまーす」と声に出してしまっても、「はい、どうぞ♪」と、答えてくださいます。




ドングリワークショップ、3日の、13時からのクラスは、あとお一人、16時からのクラスは、あと三人、4日の13時からのクラスは、四人入れます。
先着順というのは、材料のチェーンに限りがあるからです。
HOLY'Sのワークショップに、初めての方も、よかったらお気軽にご参加ください。

HOLY'Sのルームシューズが、10年持つと知ったのは、一昨年の個展前、ノーノ分室の小林さんがブログに書いてくれたからです。→●
多分、2001年辺りに最初のルームシューズが出来上がり、すぐにノーノ分室のスタッフの二人が、色違いでオーダーしてくれて、店頭販売、オーダーも受けるようになりました。

その二人のルームシューズが、10年を超えて使い続けているということ。
そういえば、自分が使っているルームシューズも、同じ頃に作った物でした。

ノーノ分室から、ここ数年、ルームシューズの修繕の仕事が、時々送られてきます。
それは、どれもその初期のルームシューズで、10年ぶりに再会するルームシューズの、直す箇所を確認します。
大概、中敷のお直し、ボタンの付け直しです。

今までは、ルームシューズのこと、
「あったかいですよ、糸のおかげで」
としが、言えませんでした。
丈夫で長く使ってもらえますようにと、作るしかありませんでした。

よかったなぁと思います。

自分が使っているルームシューズです。
今作っているルームシューズです。


スリットと、ボタンの付く位置と、足先の形を変えました。
より履きやすく、型崩れしにくいと思います。
裏に貼ってあるスエードは、今のデザインは、踵まで貼っています。
形は、ボタンタイプと、スリップオンが、あります。
この秋冬の、HOLY'S新作、
casicoでは、ワークショップ企画にも、なっている、ドングリペンダントは、とても気に入ってます。その訳は、このオーバルチェーンです。
長野の彫金作家の友人が、以前彼女の作品で、オーバルチェーンを使っていて、今回のドングリに、合うと思いました。
どこで買えるかを尋ねたところ、オーバルチェーンは穴がないため、留め金具と繋げるためのカンを、溶接しなければならず、彼女が忙しい合間を縫って、作ってくれました。
留め金具は、バネの輪になってるのじゃなく、彼女のお気に入りの、スナップ式で丸い金具が付いてて、いい感じなんです。

オーバルチェーンにも、いくつか種類があり、その打ち合わせのやりとりは、とてもワクワクしました。

そしておかげ様で、想像以上のドングリペンダントと、なりました。

彼女とは、いつか、一緒に制作してみたいと、一方的に、甘い夢のように思っていましたが、彼女の忙しさを思うと、なかなか言い出せずにいました。
でもこれを機に、今までの私の妄想も告白しました。
今後、何ができるか、今からワクワクします。

私は、普段全くアクセサリーを身につけませんが、彼女の作品だけは、つけます。

いつか、広島の友人たちにも、彼女の作品を見てもらえたらと、思います。
その時には、私と彼女と、一緒に仕上げた作品も並べられたら、どんなにかと、想いは膨らみます。

total : │today : │yesterday :